日々進歩、日々UP

体スタイルアップ


火曜日, 9月 25th, 2012

ダイエットをしている時、「わかっちゃいるけど、ついついしてしまう」ことって、あると思うんです。
例えば「誘惑に負けてしまう」とか…一番、これが多いかもしれませんね。

実際、私もコンパや食事会に誘われ、つい食べ過ぎ&飲み過ぎてしまい…
翌朝目覚めた時、鏡で見た顔のむくみたるや、今までのダイエットの苦労が100%否定されるような結果になったこともありました。
「後悔、先に立たず」といいますが、本当にその通りです。
そして、いつもこう思うんです。
「今度からは、絶対にしない!」と…(何度、同じ後悔を繰り返していることか)。
またせっかくダイエットに成功したのに、気の緩みというか…痩せた後の油断というか、バクバク好きなものを食べてしまう…
ダイエットは、本当に辛く厳しいものですね。
私はベスト体重になることができるのでしょうか?!?

火曜日, 1月 10th, 2012

ひったくり件数で30年以上ワースト記録を更新していたのが大阪府です。
それがついに王座(?)が陥落して千葉県に抜かれました。

まあ不名誉な記録ですから、大阪人にとってはホッとするかもしれません。
治安面では悪い印象のある大阪ですが、少しは改善されてきているようです。
ただ住めば都と言いますが、実際、住んでいる人にとってはそれほど治安を意識している感じはありません。
その点は治安の悪いと言われる海外の大都市とはちょっとニュアンスが違います。
夜は危なくて出歩けない…なんてことはありませんしね。
でも、治安がもっとよくなれば、さらに住みやすくなるはずです。
是非、頑張ってもっと住みやすい街になってほしいですよね。

日曜日, 1月 1st, 2012

人間はパンと水だけで生きるものにあらず、という言葉があります。
この言葉の本意は別にして、なんだかビビッとくる言葉ですよね。
あまり
さて、最低限の生存レベルではなく、もっと高いレベルの生活を営むことが出来るのが人間の特権と言えます。

そうした点を意識した言葉としてQOLというものがあります。
これはクオリティ・オブ・ライフの頭文字をとったものです。
まさに生活の質を見つめようという問題意識があると思われます。
生活の質を上げたいと思うのは誰しもがそう思うでしょう。
でも、そうした高い質の生活を享受できるのが、一定の選ばれた人だけであってはいけません。
誰もがそんな質のいい生活を維持できるのが理想です。
そのためには個人の人生を大切にするという考えをもっと普及させないといけませんね。

金曜日, 12月 23rd, 2011

日本人と比べて韓国人のほうが美容整形に抵抗感がありません。
ですから多くの女性が気軽に整形を行っています。
シミはレーザーでとるのが一般的です。
まさに整形大国と言われる理由がわかります。
そんな雰囲気があるので美容整形の分野では明らかに韓国のほうが先進国であると言われてます。
日本からも韓国に整形のために訪れる女性が多いと聞きます。
どうせ日本でおこなっても、美容整形に関しては健康保険が適用されません。
だからたいていの場合、かなり高額の費用がかかります。
そう言う点から考えれば韓国で美容整形を行うデメリットはあまりないと言えます。
ただ美容整形に関しては、トラブルがあるのは国内海外ともに同じです。
こうしたリスクもしっかりと考えてから、行わないといけませんよね。

金曜日, 12月 16th, 2011

精神的にも肉体的にも疲れたときにマッサージをすれば癒されますよね。
プロのマッサージ師にしてもらうのが一番ですが、なんといっても値段が高いです。
だからしょっちゅう行くわけにはいきません。
保母さんや看護師さんは一般的にストレスが多い職業として知られています。

そういった職場の悩みを働く女性はマッサージでほぐしてもらうのです。

家庭用マッサージ機は一度、買ってしまえばいいわけですから便利なものです。
でも、いいものになると、値段も安いものではありませんよね。
マッサージは美容にも効果があります。
最近はリンパマッサージに注目が集まっているようです。
エステサロンでもリンパマッサージは人気メニューのようです。
でも、コツをつかめば自宅で自分で行うことも出来ます。
手軽ですし、コストもかからないので、これは究極のノーコスト美容法かもしれませんね。

水曜日, 12月 14th, 2011

見た目の年齢と実際の年齢はなかなかピッタリとは合わないものです。
若く見られるのはかまいませんが、老けて見られたら落ち込みますよね。
いくら若いふりをしていても
そうした見た目年齢とは別に肌年齢というのがあります。
自分の肌の状態を客観的に年齢という数値として出してくれるわけですから参考になります。
女性ならこうした肌年齢もチェックしておくべきです。
やってみたら実年齢よりかなり高い年齢の結果が出る場合もあります。
それってかなりショックだと思います。
一度そんな結果が出たら、次回からチェックするのをやめてしまう人もいますが、それはいけません。
現実を受け入れて、肌状態の改善を求めるのが最善の方法だと言えます。
まだ、肌年齢のチェックをやったことが無い人は是非、一度試してみてください。

火曜日, 12月 13th, 2011

ジョギングがブームです。

以前は、ジョギングというと苦しい、つらいなどのイメージがありましたが、最近はずいぶんと違います。
おしゃれになりましたし、何より、走る事が他人との競争ではなく、自分自身との競争だという事がきちんと根付いた事があると思います。
かけっこや陸上競技の延長線上にあるものではなく、健康づくり体力づくりの方法の一つとしてジョギングが見直されているのです。
もちろん女性には美しさという御褒美もあります。

日曜日, 12月 11th, 2011

女性はいくつになっても若く見られたらうれしいものです。
そして、よりキレイになりたいと思うものです。
つまり美容が求める理想は若さ=綺麗という点にあると言えます。
綺麗になるとおしゃれにも力が入ります。
これがティーンなら、逆に大人っぽく見られたいということがあるかもしれません。
でも、それ以上の年代、特に20代半ば以降は若く見せるというのが美容の大きなポイントになってきます。
それに、ちょうどその頃から徐々にエイジングの影響が出てきます。
このエイジングの進行に抵抗する試みが美容の本質と言えるかもしれません。
美容の世界は奥が深いので終わりがありません。
しかし、白髪染め、ヘアケア、スキンケアなども基本的なことをしていれば、割合若く見られるものです。

水曜日, 12月 7th, 2011

ニキビって厄介なものですよね。
ニキビは若い時に出来るものなので、青春のシンボルなんて言われたりすることもあります。
大人になると背中ニキビができたりしますが気づきにくいので要注意です。
見えない場所ですしね。
同じニキビでも大人になってからでると、吹き出物と呼ばれたりします。
「吹き出物」って、まあそのとおりですが、何だか嫌な名称ですね。
最近では大人ニキビと呼ばれたりすることがあります。
大人のニキビということで、こっちのほうが抵抗感がないですね。
ところで、このニキビは医学的には「尋常性?瘡」と言うそうです。
これはちょっと大げさな感じの名前ですね。
「尋常性?瘡にかかっちゃった!」
なんて言ったら、みんなビックリするでしょうね。
さて、美容にとってはこのニキビは天敵です。
ニキビを撃退して美肌を目指したいですね。

水曜日, 10月 26th, 2011

誰しも、いつの時代でも長生きしたいという願望は同じです。
どんなに澄ました顔をしたお坊さんもやっぱり長生きしたいのです。

プリミティブな願望を反映したものでしょう。
長寿というのは古代からの人間の願望。
現代人もまた、その願望を古代人から受けついているのです。

月曜日, 10月 24th, 2011

肌の美しさは女性のメンタルな面と非常に密接に関わりあっています。
会社に行く前に多くの若い女性は化粧をする為に鏡に向かいますが、
その時の自分のすっぴんの姿を見てどう思うかでその日の気分が変わります。。
朝、出だしの気持ちが変わると、その日の夕方までの活動態度に大きな影響が出ます。
どうせなら素敵な気持ちではじめて、素敵な一日にしたいと思うのは人情というもの。
その為には日ごろから肌に対するコンシャスネスを持つ必要があります。

月曜日, 10月 24th, 2011

最近、マイコプラズマ肺炎が流行しているので注意してくださいね。
特に若い方は要注意です。このマイコプラズマ、若い方が多いんです。
地域ですと愛知県の方の患者さんがここ数週間で全国平均の3倍に増加しています。
このマイコプラズマは感染症なので、マスクやうがいなどで予防できます。
ワクチンがないので、特にマスクでの咳からの感染予防は有効。
ガーゼマスクではなく、きちんとウィルスの侵入を防いでくれるサージカルマスクなどを使って
予防しましょう。健康が先、美容はその後です。